「この子あんまり喋らないけど、大丈夫?」きっかけは、母の一言です。

年子で生まれたので、日々の生活に追われていて子供に何もしてあげていなかったわ!どうしましょう!

今から30年前のある日のことです。

上の子は1歳7カ月です。下の子は0歳7カ月です。段取りが悪いのか毎日の生活がバタバタとして 子供の様子に気がつきませんでした。

contents_prof_008b

「あまり喋ることがなくても そのうち喋るようになる」と思っていました。

初めての子供だったので発達状況がよくわかっていませんでした。

なるほど、他の子供に比べると確かに喋らない。どうしよう・・・・・。

でんき・ちょうだい・ありがとう・ちっち・でた・ママ・パパくらいしか話さない。

私が言うことは、理解しているから気にならなかった・・・・。とりあえず、本屋さんに・・・・。 

見つけました。七田眞著「0歳教育の秘密」でした。

img_kouchou02本を読んで、まだ間に合うかもしれない。

そう思いさっそく 子供たちを受け入れてくれるところを探しました。
今のようにインターネットがない時代ですから、1件1件電話をかけます。
幼稚園で理論を導入してところがありましたが、幼稚園に入る年齢ではまだありません。
それでも、何度も何度も電話をかけてお話ししました。

そして「そんなにおっしゃるなら、遠いですが個人でやっている先生を1人ご紹介しましょう」と言っていただきました。

万歳!!!やった!!!何とかなるかも!

当時私たちが住んでいたのは、千葉県成田市です。ご紹介いただいたのは千葉県千葉市です。車で2時間かけて、なんとか着く距離です。
電車だともっとかかります。

面接のときに「遠過ぎて無理じゃないですか?」と言われましたが「1週間に1度くらい頑張ります。車に乗るのは好きですから」翌月から通うことになりました。

ただし、11時始まりで、2人を一緒に見てもらうことを条件にしました。
9時に家を出れば間に合うので、頑張ろうと思いました。
子供のためです。

さて、通い始めはどうだったかというと。

赤ちゃんの能力はとても素晴らしいものです。お兄ちゃんは、とても楽しそうに50分の授業を受けます。妹は、教室についてオムツを替えてミルクを飲ませると グーグーと寝てしまいます。

無理もありません、2時間車に乗せられてくるのですから。でも、親としては辛かった。
だって月謝が高かったんです。30年前の、24000円は(2人分)驚くほど高いです。

それを「寝てて終わらせちゃうの?!!嘘でしょう!!!起きてよ!!!せめて、授業が終わってから寝て!!・・・・・」母の叫びです。妹は半年間 寝続けました。

先生が、おっしゃいました。
「大丈夫!赤ちゃんの能力はとても素晴らしいものです。
大人には理解ができない能力があります。赤ちゃんの代わりにお母さんが楽しく授業を受けて帰ってください。必ず赤ちゃんに伝わります。」

えーーーーーー嘘でょ!!そんなばかな。仕方がないので言われたとおりに 
私が楽しむことにしました。本人は気持ちよさそうにスヤスヤ寝ているのですから。
通い始めて半年、家庭での遊び方・やり方も工夫した結果・・・・・・・

ほとんど喋らなかったお兄ちゃんは、朝から晩まで喋り通しで、うるさいくらいです。
ひらがなは、全部読めます。カタカナは、少し。20までの数の理解もしています。
寝っぱなしだった妹は、200語くらい喋ります。
ひらがなも 「あ」は、どっちと聞くと分かっています。
すごい!!!!!たった半年で驚くほどの変化です。 

子供の頭ってどうなっているんだろう?
私は手抜きばっかりで 毎日10分か20分しかまともに遊んで(教えて)いないのに。
ただ ただ 通うだけ。休まずに。

通い始めて1年後・・・・・・・

女の子男の子兄(2歳6ヶ月)は、おばあちゃんに手紙を書いています。俳句を100句暗唱します。そのころは、頭の良し悪しはIQテストでしか測ることができなったので、たしかどこかのスーパーで幼児教室入会のために無料でやっていたIQテストを受けてみました。
IQテストで149とでました。(100が普通の子らしい)検査した人が驚いていました。
「この年齢でこんな数字出した子を 今まで見たことないですよ。何かしてるんですか?」
「いいえ、なにもしていません」と答えた様な気がします。(内心よっしゃー!と思いました)

妹(1歳6ヶ月)は、ひらがな・数字を少し書きます。もちろん良く喋ります。数も分かってきています。
親ばかのようですが、うちの子たち天才?っておもうほどよく発達しました。
2時間という時間をかけてお金もかけても通ってよかったです。本当に・・・・。
2人とも眼はキラキラ輝いているし、好奇心旺盛だし、優しいしいうことなし。
2年目を迎えるとき、問題が・・・・・・・・・。

転勤です。茨城県土浦市に!!「えー。今よりさらに1時間以上かかるじゃない!!」
でも、全く迷いませんでした。こうなったら何が何でも根性で通ってみせる!絶対に!
こんなに効果が出てきているのにもったいないやめられない。

いろいろ調べた結果、農道を突っ走ると 約3時間で行けることが分かりました。
8時少し前に出発していれば間に合います。車の中では、対向車の色当てやナンバー当てをしたり物語をテープで聞いたり、しりとりをしたりして3時間を過ごしました。

兄は、(3歳7ヶ月)は、1000までの数の計算は瞬時に出来るし、パズルも得意。
オセロは母も本気で向かっても負けることが何度か(なんで私が負けるのよ!もう、腹立つな~)トランプも得意。
神経衰弱(悔しいけどこれも母は負けます)51、7並べ、いつも楽しそうです。
漢字も130語くらい読みます。 IQテストは、教室で受けました。IQ155。

妹(2歳7ヶ月)は、本を読むのがとても上手。感情まで入れて読みます。
兄に負けずパズル、トランプ、オセロ得意です。(さすがにまだ母は、勝てますが、油断してると負けてしまいます)ひらがなはほとんど書けます。
俳句100句暗唱します。やはりIQテストを受けてみました。IQ170 なんとおにいちゃん以上の数値です。
(はじめるのが早いほうが効果も早いのかしら?)
確かに2人とも なにを教えても「うん、わかった。こうこうでしょ! だからこのときはこうなって・・・・・」
理解が早いんです。ますます親ばかになってしまいます私。
約3年後・・・・・・・。

兄(4歳5ヶ月)1万までの計算瞬時にする。このころは、スーパーに行って、レジのお姉さんと おつりの計算競争するのがブームとなっていたのです。(おつりがないようにだすと 怒るんです)IQテスト190以上 データーがないので測定不可能でした。妹(3歳5ヶ月)1000までの数なら瞬時に計算。やっぱりレジでの競争ごっこが好きです。
IQテスト202以上、やはりデーターがないため、これ以上の測定不可能となりました。
IQがすべてでないことは、十分承知しています。
心・EQ・おもいやり・自立すべて大切です。
小学校受験させたくて幼児期に教育しているわけでもありまん。
一流大学に入ってもらいたくて、しているわけでもありません。脳が柔軟であるこの時期に、勉強だと意識しないうちに自然と楽しく能力をつけさせてあげたい。そんな思いで通い続けました。

もし、勉強が好きで大学に行きたくなったら、好きな学部を選べるだけの能力を持っていてほしい。

大きくなったら何になりたいの?いつ勉強を始めても大学受験に間に合うような能力を持っていてほしいと・・・・・。
自分のやりたいことを実現させるために 2人とも 自分でどんどん本を読んで知識を増やしていきます。
何にでも興味があります。「大きくなったら何になりたいの?」と聞くと毎回答えは違いますが必ずなりたいものがあります。すてきだな・・・・・。夢を持つって・・・そう思いませんか?
本当に、眼がキラキラ輝いているんです。

実は、通い始めのころ「子供を認めて・褒めて・愛して」が出来ませんでした。すぐカッとなってしまって。
「うそでもいいから大好きと言ってください」先生に言われた通り初めは嘘からでしたが、だんだん本当に認められるようになっていきました。

もっともっと色々なことを先生から教わりたかったですが、もう出来ません。
幼稚園に入園させる時が来てしまいました。兄は年中から、妹は年少から入園です。私はどうしてもやめたくなかったんです。まだまだ、親としても成長していきたいし、子供たちがこの先どうなっていくのかとても興味があったんです。で、先生に相談しました。
日曜日とかやっていただけないでしょうか?・・・・・
・・すると、予期せぬ答えが返ってきました・・・。

先生からの驚きの解答とは・・・「あなたが自分で教えていけばいいのよ!」

「え! わたしですか?」
「そう、あなたよ。」
「なぜなら、今までいろんな子供をみてきたけれど、あなたの子供たちのようにすばらしい発達をした子供を知らないわ!」
「きっと教え方、いいえ、おウチでの遊ばせ方が上手なのよ!」
「確かに、私はヒントは色々とお教えしましたが、具体的に実行してきたのはあなた、おかあさん自身でしょう?」
「確かに そう言われれば そうですけど・・・・」
「わかりました、やってみます。というわけで、
 
P12-0953東中野に七田式の教室を開きました。

楽しく遊んで自然と脳に刺激を与える。
私が楽しくて仕方がないんです。
次はどんな教材を作ろうかな?
私の子が夢中になった教材も取り入れて・・
どんなカード作ろうかな?

私をはじめ、講師の先生は皆、自分自身が毎回の授業を楽しんでしています。
ですから、あっという間の50分です。

外国からも教材を取り寄せて、取り組む内容は毎年改善していきます。
毎年改善しないと、子供たちの能力がどんどん高くなるので 問題がやさしくなってしまって、「先生、これ簡単すぎるよ」といわれてしまいます。

今すぐ無料体験レッスンを予約する