子供の個性を生かして育てる幼児教室 七田チャイルドアカデミー
中野教室の椎名寛依です。

幼稚園児のクラスでの記憶力を伸ばす遊びを紹介します。
実際に中野教室で使っている教材です。
私の子供達も似たようなものを使いました。

resize0090

本当は、違う遊びの教材なんです。
でも記憶に使ったら面白そうだなと思ったので
使い方を変えてしまいました。

一番左にある閉じてあるカードを見せます。
全く初めての時は、絵の説明をします。

「帽子は・・・」
「顔は・・・・」
「洋服は・・・」
「靴は・・・・」

「じゃあ、今のカードを隠すから
(まんなか)ここから同じのを探してみてね」

はじめは左脳で言葉て覚えて探します。
たくさんのパーツから探すので
見ているうちに忘れてしまいます。

でも、いいのです。
「初めだから1つでもあっていればい凄いのよ」

1つくらいは記憶に残っているので
出来るはずです。

それでも出来なさそうなら
「この中のどれかと思うけど
まま忘れちゃったわ」
「どれだかわかる?」と

とぼけてヒントをあげればいいんです。

「教わりたくない」
「出来ないのもいや」

なのが幼稚園児です。

 

自分で出来たように思わせるのがコツです。

慣れてきたら 見せるカードの時間を
15秒、10秒、5秒、3秒、1秒と
時間を短くしていきましょう。

時間が短いと左脳で記憶できず
右脳で記憶するようになり
素晴らしい記憶力がついていきます。

出来ないことを言わないで
褒めて「できる」と言う気持ちを
子供に与えていきましょう。

中学生になるころには、
皆からうらやましがられるほど
記憶力が良くなっているでしょう~